魔の3歳児対応

「一番いい時ですね。」
子供と外出中によく言われました。
その時は漠然と「そうなのか。いい時なんだ。」
と、のんきに?というか、全くわかっていませんでした。

どこがーーーー?絶対うそやん!!!

3歳児のお父さん、お母さんなら経験があるかと思います。先輩お母様方がおっしゃる、いい時=手をかける時という意味だったのでしょうね。とにかく動く。走る。逃げる。男の子ならなおさらではないでしょうか。

比較的、おとなしめなうちのボクちゃんたちも3歳の時は、それはそれは手を焼きました。でも、自分が歳を取っていたせいか、性格なのか、私がキレまくるとか、殺意(すみません怖いですね)とかは感じたことはありませんでした。よかった(笑)むしろ、へえ、こんなこと本当にやるんだ。と面白がっていました。

そこで今回は、魔の3歳児を楽しむ子育て方法についてまとめてみようと思います。




赤ちゃん、子供さんに安全な、
虫よけ、防虫対策の決定的な製品が誕生しました!
森にいるような爽快感。天然100%の虫よけ・防虫スプレー

3歳児の特徴

2歳の時に比べると、自己主張がかなり強くなります。例えば今日着る服について相談してみると、2歳の頃は「いや。」と断られることが増えました。外出までに時間がない時などはとても困ります。それが3歳になると、「これでないといや。」になり、好きな洋服ばかりを着たがり、コーディネートも奇抜!

連れて歩くのに親が抵抗なければそのまま行かせましょう。面白すぎませんか(笑)

これは女の子の方が強く現れる傾向です。素敵なファッションを楽しんでください。5年も続きませんから。

持つものにも現れたりしますね。いつも持っていたい。手放さないから洗濯できないので困ったりするのも3歳児の特徴です。

語彙が増えて、お口が達者になります。言わなくていいことをわざわざ人に教えてしまったりして、親は赤っ恥…みたいなこともよくあります。うちは玄米を実家からもらって精米して食べているのですが、ある時精米するのを忘れていて「お米がない!」と3歳児に言ってしまったことがあります。もう、想像できると思いますが、近所で「うちにはお米がないんだ。」としゃべりまくってくれました。

すごくないですか!

面白すぎます。これが小学校に入る頃には、恥ずかしいなんて感情が備わってしまうので、近所でしゃべりまくったりしませんから。

男女を意識します。しかも、可愛いとか、あまり…という違いをきっちり認識します。一緒に遊びたい異性を選びます。抱っこしてくれる人も美しい人が好きだったりします。さすがに言葉にはしませんでしたが、「こいつ、選んでる。」と感じることが多かったです。不思議ですね。人間の本能なんでしょうか。

 

対応の仕方

①やりたいようにやらせる

なんといってもこれが一番です。本人がそうしたいというのですから、失敗したり不具合があってもいいんです。本当に困って助けを求めてきたら手を差し伸べる。それぐらいのゆとりを持って接してあげてください。



 

②叱るのではなく、提案してみる。

それでも、急いでいたり用があって出かけないといけないのに、「遊びます。」みたいなことを言われたら困ってしまいます。そんな時は「これから私たちは出かけます。あなたはどうする?」というように選択肢をいくつか提案して、いい方を選ばせます。「行かない。」という返事は困りますから、「そのあと○○で食事をするけど行かない?」というようにうまく誘導してあげると、プライドを傷つけずに連れ出すことができます。同じ土俵まで降りていってしまってイライラするのではなく、一段も二段も上からしっかり子供を見て、言い方を工夫してみてください。

 

③読み聞かせに工夫を加える。

年齢に応じた絵本がたくさん出ています。特に困ったことをする子供の話は3歳児が大好きなテーマ。いやいや、あなたのことですから。と親は思いますが、本人は「全く、困った子だよ。」と面白がって絵本を楽しみます。即効性はありませんが、その後の行動にじわじわ効き目があるものです。

 

④逃げる

それでも、どうしようもない時もあります。うちの長男はショッピングセンターの通路のど真ん中でひっくり返ってアイスをせがみました。私は、びっくりするやら恥かしいやらで、あわてて抱き上げて連れ去ろうとしましたが反り返って抵抗されてしまいました。

今なら、晩ご飯の一食ぐらい食べられなくなってもいいや、と思えるのでアイスを買ってあげられるでしょう。

でも、子育て真っ最中のお父さん、お母さんは真面目で一生懸命。そんなに頑張らなくても大丈夫。晩ご飯がアイスに一回変わってしまったからといって誰も責めたりしません。こんな時もあるか。と思えるだけで楽になります。普段から子供と一緒に食べて、寝て、笑って、お風呂に入って、おしゃべりできていれば大丈夫。時々、ぎゅっと抱きしめて「大好きだよ。」と伝えていれば完璧です。

今が一番いい時です。子育て頑張ってください。応援しています。



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です