すすんで宿題ができる子に




子供にとって、切っても切れない永遠の課題。宿題。

たいていの場合は、小学校1年生からスタートして、仕事を続けていく限り、宿題はどんな仕事であろうと一生続くのではないでしょうか。ですので、そのことを親が理解していれば、そんなに困ることなく自分からやる子供にすることができます。

早くその手間から解放されたければ、最初が勝負です。きちんと自分で宿題に取り組む子に育てなければいけません。宿題をすることが当たり前、習慣にさえしてしまえばその後は子供が勝手に机に向かうようになります。そこまでは手を掛けなければいけませんが、掛け方を間違えると逆効果ですので、注意が必要です。

さて、ではどうすれば勝手に宿題をするようになるのでしょう。第一段階はしつこいですが幼児期にあります。以下に少し触れていますので、参考にしてください。
小学校入学前の準備

残念!幼児期に早期教育が必要だと思い、早くからお勉強していまいました。という方、すでにもう宿題を嫌がって毎日、泣き叫ぶので困っています。という方のために、私の教員時代にアドバイスしてきたことをお伝えしますので、試してみてください。



 

 

宿題が嫌になる理由の一つに、学習内容が理解できていない。ということがあります。わからないものに取り組まなければならないことほど辛いことはありませんよね。全く面白くないのです。その根本がどこなのかを探してあげる必要があります。

小学校3年生あたりから、算数などは難しくなってきます。4年生になると、ぐんと学校の授業だけでは追いつかなくなってくる子がたくさん出てきます。だから家庭学習なのです。今日、学んだことを定着させるためにもう一度家でやり直すのです。時々、「今、この宿題なの。」と考えさせられてしまうような、宿題の出し方がおかしな先生がいますよね。きっとわかっていません。出しさえすればいいと思っています。そういう人ほど、宿題の丸付けを親に強要してきたりします。そんな先生に当たってしまったら、「それはあなたの仕事です。」と、きっぱり断りましょう。ただし、長期休業中の宿題は定着を図るためのものなので、休み中にきちんと理解できているか確認のためにおうちで丸付けをし、直しもさせたほうが絶対にいいです。苦手をなくしておいてくださいね。

ちょっと話がそれますが、教員が平気で自身の子供を塾に入れてしまう人がいます。とても違和感を感じます。お金を払って塾に入れられる家庭は裕福な家庭です。みんながみんなそうするわけにも行かなくなってきている時代です。義務教育ということを忘れてはいませんか。国が責任を持って教育の機会均等を保障しているのです。落ちこぼれを作ることなく教える責任があります。子供には学ぶ権利があります。

分かるまで教えてあげるのが仕事なのではないのか。わからないなら塾へ行け!みたいなことをするのは、教師として失格だと私は思っています。先生方は心して仕事に取り組んで欲しいものです。



 

宿題を嫌がる理由の二つ目は集中が続かない子である場合です。もうすでに知っている事柄で、興味が持てない学習であったり、筋力か弱くて椅子に長時間座っていられない子であったりする場合があります。もうすでに知っている学習内容であるなら、さっさと終わらせることに力を注がせて、正解が多ければ大いに褒めて早めに終わらせましょう。長時間椅子に座れない子も最近増えてきています。幼児期の外遊びが少ないことが原因です。必要な筋肉が鍛えられていないので、じっと座ることができないのです。少し時間がかかりますが、学校に行って遊具で筋トレしましょう。登り棒は1年生でも上まで行けます。雲底は最初はぶら下がるだけでもいいので、少しずつ時間が伸ばせるといいですね。鉄棒は前回り、逆上がりだけでなく、尻上がり(ローカルですか?)、時計回りなど、ただ回るだけでなく、いろんな方法でぶら下がったり脚を上げたり下ろしたりして、いろんな所を鍛えてください。学習はそれからかもしれません。

幼児期の遊びの大切さの関連記事はこちらからどうぞ。

最終目標は、自分から課題をやることです。学年が上がるにつれ、自然と自分から宿題ができるようになっていくようにしたいですね。そのためには、親が必要以上に手や口を出しすぎないことも大切です。子供が必要としているかどうかを見極めて、程々の距離感で助けてあげてください。