中学1年生から3年生までに気をつけたこと

お子さんが思春期に入る頃になると、「もう少し背が伸びるといいのに…。」とお子さんの身長の伸びについて悩まれる方も少なくないと思います。

私の2人の息子は小学校6年生から中学2年生まで、毎年身長が1~2cm程しか伸びず、並んだ時もクラスの真ん中辺りの位置で、何度となく「もう伸びないのか。」とあきらめかけたかしれません。

しかし、私自信が部活引退後の中学3年生の夏休みの1ヶ月で15cm身長が伸びた経験から、諦めるのはまだ早い!もう少しやれることをやってからにしよう。と、思いつく限りのことを子供たちに実践してきました。私の子供たちはこの方法を始めてから、毎日数mmずつ身長が伸びるようになり、あっという間に180cmを超える大男になっていました。

みなさんのお子さんも、ここで紹介する方法を実践すれば、半年後には5cm伸びているのも夢ではありません。

例え、効果が現れなくても皆さんが損をすることは少々時間を使ってしまったことぐらしかありませんので、私の試した「子供の身長を伸ばす方法」を是非一度、試してみてください。



 

苦手な食べ物を減らす

どうしても食が細いお子さんもいらっしゃいます。苦手な食べ物があるのも、まだ味覚が未発達なので、好まない味であるということは子供にはあります。教員時代、食べるのに四苦八苦して給食を食べている子を見ていると、「残していいよ。」と言ってきました。本来食べることは楽しみであるはずなのに、苦痛になってしまってはかわいそうだという思いがあったからです。

幼児期にいろんな味を覚えさせることは、やはり重要でした。給食で始めて出会う味に戸惑う子は少なくありません。

中学生でも間に合います。美味しそうに大人が食べて見せて、一口でも食べてみることをさせてあげてください。意外と食わず嫌いということもあります。この時期は胃を大きくしてたくさん食べさせたい大切な時期です。特に主食の米を積極的に食べさせたいです。

どうしても苦手で、栄養的に食べなくてもよさそうな物は口にできなくても大丈夫です。



 

腹十二分目

成長期の子供は、ただ寝て呼吸して心臓などの臓器を動かすだけでもカロリーを消費してしまう。恐ろしいほど、うらやましい基礎代謝力をもっています。

ただ、通常の食事量では身長を伸ばす分までのエネルギーは確保できない。そう考えた私が注目したのは、野球部に学ぶ食トレでした。

林野高校硬式野球部さんが作成された動画を参考にさせていただきました。

二人の子供たちは、小学校時代、天気の良い日は外でよく遊び、どろんこになって帰ってくる生活をしていました。確実に食べた分のエネルギーが「生きる」だけで消費されてしまいます。

中学生になってからは、部活でハードな運動を毎日続けていたので、食べた以上にカロリーを消費してしまい、肋骨が浮き出てしまう、腕は私よりも細い、そんな体型でした。

とりあえず、背を伸ばすために最初はどんぶり飯2杯、腹十二分目を目標に食トレをスタートさせました。


 

揚げ物に注意した

手っ取り早くできる揚げ物ですが、揚げる油の質にも注意が必要です。一番おすすめなのは圧搾法で作られた米油ですが、

ボーソー 米油(こめあぶら)(600g)【イチオシ】

価格:438円
(2019/6/30 21:56時点)
感想(33件)

一般的に揚げ物に使用する油で多いものはキャノーラ油かと思いますので、詳しく見ていきましょう。

キャノーラ油には作り方が3種類あります。(違っていたら教えてください。ちょっと自信がありません。)

圧搾法は原料に物理的に圧力をかけて絞り出したものです。一番しぼりという使われ方もします。私は金銭的にケチってしまって、米油を使えず主にこれを使っています。近所のスーパーなどでは、圧搾法のサラダ油自体を探すことが困難になってきたと感じています。

【お徳用 なたね油缶/930g】オーサワ なたね油 玉締め圧搾法一番搾り 香りが強いがクセがなく味もマイルド

価格:1,285円
(2019/6/30 22:12時点)
感想(0件)

抽出法というのは、溶剤を使って油を絞り出す方法です。詳しい製造方法が想像出来ないのですが、溶剤って…クリーニングかっ!って感じです。要は溶剤で菜種を溶かしてから油を搾り取るということですね。自然な感じがしないので、私の中では完全アウトです。

圧抽法という製法は、圧搾法で絞ったあと、溶剤を使ってさらに搾りきったものと混ぜる方法です。

J-オイルミルズさんのHPを参考にさせていただきました。
参考サイト

製法も気になりますが、原料の菜種は遺伝子組み換えのものでないと不安ですよね。遺伝子組み換えの菜種を作っている畑があるとします。隣の畑では遺伝子組み換え種子を使っておらず、「うちは大丈夫だよ。」と言っていても、自然のことだけに、確実に隣と交配されていないかは不明です。

加熱後はどんどん酸化が進むので、一度使った油は潔く処分し、繰り返し使用することはやめました。なので、お買い得な圧搾法のキャノーラ油を惜しむことなくバンバン使用して処分しています。

 

 

まとめ

 

身長を伸ばすためには、摂取カロリーが消費カロリーより上回らなければ身体を作ることはできません。そのためには満腹中枢が働く前にお腹いっぱい食べさせ、胃を大きくすることが重要です。そして、お腹いっぱい食べさせるためには、好きな食べ物を増やし、食に興味を持ち楽しみながら食べることで、身につくと考えます。質の良いもので栄養を摂り、身体を作っていってあげてください。
美味しくて安全なお肉や果物はこちら

石垣島・沖縄の食材を使ったジュースやお肉をお届け【やえやまファーム】